RSS

有給休暇取得率48.1% 目標遠く

 有給休暇取得率48.1%=目標遠く、前年比微増-厚労省

 厚生労働省が20日発表した就労条件総合調査によると、昨年1年間の正社員の年次有給休暇取得率は48.1%で、前年から1.0ポイントの上昇にとどまった。政府は新成長戦略で、2020年までに取得率を70%へ引き上げる目標を掲げているにもかかわらず、実態は程遠いことが改めて示された。厚労省は「完全取得すべきで、早急な改善が必要」としている。
 10年に企業が付与した有給休暇は労働者1人平均で17.9日で、このうち実際に取得したのは8.6日だった。付与日数のうち何日休んだかを示す取得率を産業別にみると、最も高かったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の75.2%、最低は「宿泊・飲食サービス業」の32.5%。
 規模別では、従業員1000人以上の企業55.3%に対し、30~99人は41.8%と格差が大きい。
 調査は常勤の従業員30人以上の企業6145社を対象に実施し、4296社から有効回答を得た。有効回答率は69.9%。

http://www.jiji.com/jc/zc?key=%cd%ad%b5%eb%b5%d9%b2%cb&k=201110/2011102000680

—————————————————————————

◆当事務所のホームページ

◆「社会保険労務士・行政書士の徒然日誌」


  1. 法律知識ゼロの私が憧れの法律家になれました!

    行政書士試験にわずか147日で一発合格する勉強法をあなたも今すぐ知りたくありませんか?

  1. トラックバックはまだありません。