RSS

4国保組合に補助金5億円過大支出

 4国保組合に「5億円」過大支出 無資格加入者への補助金 会計検査院調査

 会計検査院が「全国建設工事業国民健康保険組合(工事業国保)」など約40の国保組合への補助金について調べたところ、工事業国保を含む4つの国保組合に、無資格加入者の医療費への補助金計約5億円が過大に支出されていたことが1日、分かった。

 無資格加入者への補助金支出は平成22年、徳島県や北海道で相次いで発覚。厚生労働省は同年9月に工事業国保に改善命令を出した際、約2万8000人の無資格加入者の医療費への補助金が約80億円あったと公表、順次返還を求めている。

 関係者によると、検査院は約40の国保組合について検査。その結果、工事業国保では厚労省が返還命令を出した以外にも、無資格加入者の医療費に対して16年度からの6年間に国から約4億5000万円の補助金が支出されていた。医師や歯科医などが加入する3つの国保組合でも補助金計約5000万円の過大支出が判明した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111001/plc11100114260012-n1.htm

—————————————————————————

◆当事務所のホームページ

◆「社会保険労務士・行政書士の徒然日誌」


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。