RSS

受動喫煙防止再検討 労安衛生法改正案

 受動喫煙防止、飲食店配慮し再検討 努力義務も削除 労安衛生法改正案、今国会成立へ

 飲食店などが「実質的に全面禁煙を強いられる」などと反発していた労働安全衛生法改正案について、民主党がまとめた修正案が5日、明らかになった。全面禁煙などを義務づけた規定は削除し、客離れが懸念される飲食店などに配慮した新たな受動喫煙防止策を政府に検討するよう求める規定を付則に盛り込んだ。

 労働安全衛生法は労働者の健康と安全を守るため昭和47年に制定。禁煙行政を進める小宮山洋子厚労相が主導し、労働者の受動喫煙対策を盛り込んだ改正案が昨年末に国会提出された。しかし、与野党内から「現実的な案ではない」などとの不満が噴出。今回の修正案では事業者に受動喫煙防止に向けた「努力義務」も課さない内容となり、新たな対策を講じる必要はなくなる。すでに自民党など野党と大筋合意しており、改正案は修正の上、今国会で成立する見通しだ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120506/plc12050601350000-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120506/plc12050601350000-n1.htm

————————————————————————–

◆当事務所のホームページ

◆「社労士・行政書士の徒然日誌」


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。