RSS

離婚時年金分割の相談が半年で3万件

毎日新聞(2007/4/30)より引用———-

離婚時年金分割:半年で相談3万件 訪問相談の8割は女性

 4月に始まった離婚時の厚生年金の分割制度について、社会保険庁に寄せられた相談件数は、昨年10月から3月までの半年間で3万1696件に達した。このうち、全国の社会保険事務所などを訪れたのは男性3408人、女性1万3421人と女性が全体の8割を占め、女性側の関心の高さを裏付けた。

 この制度は4月1日以降に離婚した場合に、専業主婦であれば夫の厚生年金(報酬比例部分)の最高で5割まで受け取れるもの。ただ、分割対象は婚姻期間に限られるなど制度が複雑なため、社会保険庁は昨年10月から情報提供窓口を全国の社会保険事務所に設置。電話などでも相談を受け付けている。

 東京社会保険事務局によると「自分はどれぐらい年金をもらえるのか」など給付に関する質問が目立つという。半年間では制度開始直前の3月が7188件で最も多かった。

 都道府県別では、(1)大阪3368件(2)東京3189件(3)神奈川3167件(4)埼玉2001件(5)兵庫1845件--の順に多かった。逆に少なかったのは、島根37件▽鳥取48件▽山形76件▽福井82件▽富山109件--など。人口比でも1けた違い、離婚時分割への関心は都市部の方が高いようだ。

引用ここまで———-

 ちょっと前の記事ですが、今年の4月から始まった年金の離婚時分割についてです。ワイドショーなどでもよく取り上げられていたようですが、やはり女性の方の関心が高いようです。現に今年の3月までの離婚件数が減少したという報道もあり、4月以降離婚を考えている方が差し控えたのではないかと言われています。私自身はこの制度について離婚を助長する可能性もあるので、あまり肯定的ではないのですが、厚生年金期間の不公平感をなくすための対策としてはこの相談件数を見る限り、有効なのかもしれません。しかし、この制度はテレビ等ではやや簡単に説明されていますが、なかなか複雑な制度です。この制度を利用しようと考えている方はよく内容を確認し、そして協議の上、行動に出て欲しいものです。

☆当事務所のHPへはこちらからどうぞ


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。