RSS

確定拠出年金の運用放棄が7割増に

日経新聞(2007/7/16)より引用———-

確定拠出年金、「運用放棄」7割増

 確定拠出年金(日本版401k)制度で資金を運用しながら転職などで手続きを忘れ、「運用放棄」と見なされている人が2006年度に8万638人いることがわかった。国民年金基金連合会の調べで判明したもので、前年度より7割程度増えている。公的年金の記録漏れが問題となるなかで、制度の運営がうまくいかないもうひとつの年金問題ともいえそうだ。

 日本版401kは加入者本人や企業が毎月一定額を出し、積み立てたお金を投資信託や債券などで運用する仕組み。加入者が年金資金の運用先を自己責任で選べるようにするとともに、企業側の運用負担などを軽減するのが目的だ。すでに欧米など海外では普及が進んでいる。

引用ここまで———-

 確定拠出年金いわゆる日本版401kについてです。この年金制度は決まった年金額を受け取るのではなく、加入者本人が積立金を運用し、年金を積み立てていく制度として制度開始時、注目を集めた年金制度です。大企業を中心に導入が進められた制度でもあり、2012年に廃止される適格退職年金の受け皿としてもその役割を期待され、移行を行った企業も多いのではないでしょうか。ただ、まだ日本では歴史の浅い制度でもありますので、今まで退職金等については会社任せだった日本の風潮になじむのに時間がかかっており、今回の記事のような問題が起きてきているのかもしれません。加入者に対し、積立金は自分自身で運用しているのだということを強く認識させることがこの制度を浸透させる意味で大切になってくると思います。

☆当事務所のHPへはこちらからどうぞ


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。