RSS

従業員を無休で働かせ、労基法違反容疑で書類送検

 従業員を無休で働かせる 労基法違反容疑で社長ら2人書類送検 さいたま労基署

 従業員に休日を与えず働かせたとして、さいたま労働基準監督署は13日、労働基準法違反の疑いで、新座市北野の清掃業「山大物産」と、同社業務部の男性次長(50)、同社男性社長(64)をさいたま地検に書類送検した。

 さいたま労基署の調べでは、次長は5月30日から6月26日までの間、法定の除外事由なく男性清掃作業員=当時(35)=に休日を与えずに働かせ続けさせ、社長は作業員が休まずに働かされているのを知りながら、措置を講じなかった疑いが持たれている。

 さいたま労基署によると、作業員は6月29日午前4時50分ごろ、千葉県習志野市香澄の東関東道湾岸習志野インターチェンジ(IC)の料金所を出てすぐの合流路に停車していたトレーラーに追突し、全身を強く打ち死亡した。作業員は事故日まで、4月1日から86日間にわたって無休で働き、この日も現場に向かう途中だった。2人は「熟練した技能者で、休みがないのを知りながら働かせてしまった」と供述しているという。同労基署は、86日間のうち法定除外事由のない期間について立件した。

 山大物産は「責任者不在のため答えられない」としている。

http://stj.sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/101013/stm1010131404003-n1.htm

 ---------------------------------------

 記事を見る限り、過重労働という言葉では済まされないぐらいの就労内容ですね。景気が低迷する中、社員を増員せず、在籍する社員のみで多くの仕事をこなそうとする結果、過重労働となってしまっているケースも最近よく聞きます。一時流行っていたワークライフバランスという言葉も最近聞くことがちょっと少なくなりましたが、会社は自社で働く従業員に対して、安全配慮義務を負っていますので、過重労働にならないような労働環境を整備するとともに常に従業員の様子に気を配る必要があるといえます。

◆当事務所のホームページはこちらからどうぞ

◆「社会保険労務士・行政書士の徒然日誌」はこちらからどうぞ


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。